葉酸サプリが人気の理由

葉酸のサプリメントが人気になっているのにはもちろん理由があります。葉酸は赤ちゃんの先天性の異常の発生するリスクを軽減させる働きがあり、厚生労働省からも積極的な摂取が推奨されているのですが、その量が妊活中や妊娠中の時期には通常時の2倍の量が必要なのです。日常の食生活で葉酸がきちんと摂取できているとすると、その2倍の量を食事で摂取するとなると大変です。それを簡単に摂取できるのがサプリメントなのです。

また、葉酸は食事からは摂取しにくいというのもその理由の必要になります。葉酸は水溶性ビタミンのため、また熱にも弱いのです。そのため、調理によって、食物に含まれている葉酸の半分くらいはなくなってしまうのです。それに加えて摂取した葉酸が全て体内に吸収できるわけではありません。50パーセント程度だと言われています。その結果、1日に必要とされる葉酸をほうれん草で摂取しようとした場合、約1キロの量を食べる必要があるのです。これを毎日となると、大変です。また、葉酸を多く含む食材であるレバーで摂取しようとした場合、今度はビタミンAの過剰摂取となってしまうのです。

そのため、栄養バランスのよい食事で葉酸の量を2倍にするのは簡単なことではないのです。そのため、葉酸のサプリメントを服用することが簡単で効率的になるのです。そういった理由もあり、葉酸のサプリメントに人気が高まっているのです。

掲載記事の参照元:葉酸サプリ比較研究所

天然と合成があります

食事によって摂取する葉酸は全て天然由来の葉酸となります。ですが、葉酸サプリで使用される葉酸には、この他に石油などを原料に化学合成で作られる合成葉酸があるのです。この合成葉酸を体内に吸収しようとすると、サプリメントからでなければ摂取できないのです。

化学合成と聞くと安全性に問題があるように思いがちですが、実際はそうではありません。ただし、合成の葉酸は過剰摂取した場合に、副作用が出ることがあります。しかし、合成葉酸が全て危ないというわけではありません。天然葉酸と合成葉酸の違いは、天然はポリグルタミン酸型となっており、合成はモノグルタミン酸型になります。モノグルタミン酸型のほうが体内への吸収率がよいのです。

サプリで摂取するときは、同じ量の葉酸を体内に吸収させるには合成のものであれば、天然に比べると半分程度の量でいいのです。実際に葉酸を飲むときは、合成のもののほうが量が少なくてすみますから、服用しやすいということになるのです。また、食物から抽出する場合、時期によっては作れたり作れなかったりしますが、合成葉酸は時期を問わず、生産できるのです。合成は生産しやすいですから、入手しやすいということにもつながります。実際に厚労省が葉酸の摂取をすすめているのは、合成葉酸になります。

安全性の高い葉酸サプリメント

葉酸をサプリメントで摂取する上で、最も大切になってくるのが、安全な材料、安全な添加物を使用して、きちんと管理された工程で作られているかどうかということです。毎日口にするものだと、サプリメントそのものが安全なものである必要があります。香料に着色料、また人工的な甘味料などを使用して飲みやすくしているものは、あまりすすめられません。これは食品でも同じようなことがいえるのではないでしょうか。添加物が入っていたとしてても、必ず口にしても安全でになければなりません。

また、サプリメントの服用は毎日のことになりますから、コスト面も考える必要があります。いくら良いものであっても、あまりにも高価なものでは、家計に影響してしまうこともあります。かといって、安すぎるものではサプリメントの安全性に問題がある場合もあります。しっかりとした品質のもので、価格的にも満足のいくものを選ぶのがいいということになります。

INFORMATION

2016/04/10
食事での葉酸の摂取 ページ更新しました。
2016/04/02
葉酸サプリは鉄分の多いものを選ぼう ページ更新しました。
2016/03/27
葉酸サプリが人気の理由 ページ更新しました。
2016/03/20
葉酸サプリを開始するタイミング ページ更新しました。
2016/03/15
妊娠中はサプリで葉酸を摂取 ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

葉酸サプリメント研究委員会

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。